資料請求・お問い合わせ
  • コース紹介
  • 講師紹介
  • 生徒インタビュー
勇往邁進。
夢を叶えるまでには…沢山の壁があって、すぐには結果が出ないことばかり。だけど…大事なのは「自分はできる!」と信じ続けること。
「ただ信じる。それが一番の勇気。」
自分を信じて、挑戦し続けた人だけが夢を手に出来る。
とにかく…前進あるのみ!!
  • photoReino Makita
  • photoKounosuke Ito
  • photoAoi
  • photoSakura Ito

Reino Makita

茨城県つくば市

90分

photo
Q1
ダンスを始めたきっかけは?

テレビでチアダンスをみてチアダンスのスタジオを探したのですがなかったためストリートダンススタジオに入りました。

Q2
ダンスをしていて、今までで一番嬉しかったことは?

ALL JAPAN スーパーキッズダンスコンテスト決勝大会に出られたことです。

Q3
午前授業で一番好きな授業と苦手な授業は?

好きなのは、日本史です。苦手は、数学です。

Q4
今、一番頑張っている専門授業は?

JAZZとHIPHOPです。JAZZは一番好きで得意なジャンルなので学校の中で一番になりたいからです。HIPHOPはこれからお仕事で必要になってくると思うので頑張っています!

Q5
将来の目標は?

ダンスで芸能界に入って夢を与えられる人になりたいです。

Q6
VAWを選んだきっかけは?

高校卒業資格がちゃんととれて、さらに大好きなダンスができるから。

Q7
VAWのいいところは?

メリハリのある高校生活が送れて、一流の講師の方々のレッスンが受けられるところ。

Q8
入学を考えてる人にメッセージ

楽しいことばかりではないけれど、同じような夢を持った友達と充実した高校生活がおくれます!

ページトップへ

Q1
ダンスを始めたきっかけは?

母に地元仙台のプロバスケットボールチームのチアチームを勧められ、HIPHOPとHOUSEに出会ったことがきっかけです。

Q2
ダンスをしていて、今までで一番嬉しかったことは?

厳しい練習を沢山乗り越えて、コンテストやバトルで優勝した時です!この仲間たちと頑張ってきてよかった!と心の底から思うことができます。

Q3
午前授業で一番好きな授業と苦手な授業は?

好きなのは、英会話です!海外に行きたいのでとても勉強になりますし、なにより海外の方とコミュニケーションをとるのは楽しいです!
苦手は、数学です。小学生の頃はじんましんが出るほど苦手でした。

Q4
今、一番頑張っている専門授業は?

バレエです。身体の使い方がとても勉強になります。

Q5
将来の目標は?

たくさん経験や実績を積んで、多くの繋がりを持ちたいです。そして人に影響を与えられる素晴らしいイベントを立ち上げて、地元仙台のダンスシーンを盛り上げたいです!

Q6
VAWを選んだきっかけは?

ずっと憧れだったKEIN先輩とMiyu先輩の背中を追いかけました。

Q7
VAWのいいところは?

日本を代表するトップダンサーの方々が先生で指導してくださるところです!また、レッスンばかりでなくTVやバックダンサー、MVなどの仕事も経験させてくれるところも勉強になります。

Q8
入学を考えてる人にメッセージ

入学当初は、午前だけ勉強で午後からがダンスのレッスンなら、余裕だなと思ってましたが、大きな間違いでした。文武両道の大変さが身に染みてわかりましたが、その変わり他のスタジオでは経験できないほどの、有意義なレッスンとご指導やアドバイスをいただけるので毎日が刺激的な学校です。
熱い志がある方なら、必ずVAWは後押ししてくれるはずです!

Kounosuke Ito

宮城県

10分(上京して一人暮らし)

photo

ページトップへ

Aoi

photo
Q1
ダンスを始めたきっかけは?

私は6歳くらいの時に近所に住んでいたお姉さんの影響でダンスを始めました。

Q2
VAWを選んだ理由は?

地元(長野)のダンススクールでダンスを習い、小学校5年生くらいの時にあるダンス番組にVAWの生徒さんが出ているのを見つけ、「私も東京でダンスをしたい!」と思い、母にスタジオを見つけてもらって、東京へダンスレッスンを受けに行きました。そして「東京」という環境と「VAW」という環境に魅せられ、上京しようと決めました。2016年の春から私の東京生活が始まりました。

Q3
学校生活はどうですか?

VAWでは毎日ダンスをします。嫌でもします(笑)ダンスを踊らない日は身体が気持ち悪くなるんです。みんなが毎日顔を洗って歯を磨いてトイレに行くように、VAWのおかげでダンスも日常不可欠な自分の一部となりました。

Q4
この先の展望(夢)を教えてください。

これからの夢は?と聞かれると、正直答えられません。今までは、「誰かのMVにでたい!」とか「雑誌に出たい!」とかが夢でもありました。でもそれが今では叶いつつあるんです。 そういう経験をさせてもらっている中で、いつも「自分」ってなんなのだろう。これは本当の「自分」なのだろうか。そんな風に思うんです。だから、目標って言い方はしっくりこないけれど、これからの人生で「自分」というのを見つけて、それをダンスだったり、声だったり、絵だったり…思いっきり表現して、それが多くの人に評価されたいと、今は思っています。

Q5
ダンサーを目指す中学生にメッセージをお願いします。

もし、これからダンサーを目指している自分より年下の子に何かを言うのなら…「ダンサーになる!」って一つにまとめない方が良いと思います。「ダンサー」っていうのは間違っていないけれど、それはあくまである一つの生き方であって、その中に訴えとか感情とか考え方とかが必要になってくると思います。というか、私はダンスを踊っていればみんなダンサーって呼んでも良いんじゃないかなと思います。あとは、もし一部の人から自分を認めてもらえてお仕事がもらえたとしても、勘違いしないということですね。常に謙虚に、周りをしっかりみて動くべきだと私は思います。 まだまだ私も修行をしている身です。もっと深く、自分自身の表現を追求していきたいと思います。

ページトップへ

Q1
ダンスを始めたきっかけは?

母が「スーパーチャンプル」というダンス番組を見せてくれ、ダンススタジオに連れて行ってくれたことがきっかけです。

Q2
ダンスをしていて、今までで一番嬉しかったことは?

憧れの存在であるSHINJIさんと同じ舞台に立って一緒に踊れたことや、それを通して自分のスタイルが評価してもらえたこと。

Q3
午前授業で一番好きな授業と苦手な授業は?

好きな授業は「日本史」、苦手な授業は「国語」です。

Q4
今、一番頑張っている専門授業は?

LOCKIN’です。SOUL系のリズムや動きが苦手なので頑張りたいと思います。

Q5
将来の目標は?

SHINJIさんのように、かっこよくて優しくてステキなダンサーになることです。でも、自分のスタイルを組み合わせて自分にしかできないスタイルを作りたいです。そして、海外でもそのスタイルが認められるようになりたいです。

Q6
VAWを選んだきっかけは?

SHINJIさんに紹介していただきました。初めは、山形の高校に入学しようと思っていましたが、東京で新しいスタイルをたくさん学んで、新しい環境で挑戦することが自分にとってプラスになり、成長できると思ったからです。

Q7
VAWのいいところは?

5つのジャンルを受けられるところが魅力だと思います。1つのジャンルだけが上手でも目標のひとつ先には進めないと思うし、他のジャンルを受けることで視野が広がって踊りの幅が増えたり、音楽がもっと楽しくなったりすると思います。

Q8
入学を考えてる人にメッセージ

最初は不安ですが、社会人としての知識も学べるし、友達もできるし、何よりもダンスがもっと好きになりました。プラスになることだらけで、毎日努力している自分を誇れるようになれると思います!!

Sakura Ito

山形県

60分(上京して祖父母宅に同居)

photo

ページトップへ

ページトップへ